東京都練馬区春日町(豊島園、光が丘、田柄)の皮膚科、アレルギー科ならつつじ皮膚科クリニックへ

TEL:03-3970-7760
新着情報
メニュー
トップページ > お知らせ > 水いぼ(伝染性軟属腫)の処置について

水いぼ(伝染性軟属腫)の処置について

2017.03.01

水いぼ(伝染性軟属腫)は、現在まだ有効な薬剤はなく、最も確実で現実的な対応は、直接いぼを摘除(摘み取る)処置となります。

当院では、診察時に「疾患や処置」の詳細な説明をした上で、治療に同意して頂いた方に対応させて頂いております。

※実際の処置には、ある程度の時間や人手が必要となります。そのため特に混み合う土曜日に水いぼの患者様が集中してしまうと、水いぼ以外の患者様の診察に影響が出てしまうため、当院では土曜日に処置は行っておりません。ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※水いぼの診断や疾患や処置についての説明は、土曜日でもお受けしていますが、その後の処置は土曜日にお受けしていませんのでご了承ください。

※当処置は、原則として17:30までに来院して受付をして下さい。(17:30以降の来院の場合には、受診をお受けできないことがあります。ご協力宜しくお願いします。)