東京都練馬区春日町(豊島園、光が丘、田柄)の皮膚科、アレルギー科ならつつじ皮膚科クリニックへ

TEL:03-3970-7760
自由診療について
メニュー

CO2レーザー治療について

CO2(炭酸)ガスレーザーとは?

CO2レーザーとは、皮膚の水分に反応する特徴をもった波長を出すレーザーの一種です。
皮膚の表面から当レーザーを照射しますと、凹凸を削ったり陥凹させることができます。
この作用により主に“ほくろ・老人性疣贅・脂腺増殖症・眼瞼黄色腫”などの治療に用います。

この治療のメリット

メスで切る治療と違い、皮膚の一部を温存しますので創部の皮膚の再生が期待できます。
そのため創部の縫合をせずに済み、縫合傷を作らずに仕上げることができます。
また処置時の出血が殆どなく行えるのも特長です。

この治療のデメリット

皮膚を温存させてなるべく綺麗に創部を治すことに主眼を置く場合、あまり深くはレーザーを照射できません。そのため当該病変が深くまであり、取り切れない場合に再発が有り得ます。

注意点

・施術前に痛み対策として、通常注射による局所麻酔薬を少量使用します。
※局所麻酔薬へのアレルギーのある方は必ず申し出て下さい。

(ほくろ・脂腺増殖症などの場合)…一旦陥凹させるイメージ

・治療対象物が大きいときやケロイド体質の方にこの方法を選択した場合、もしくはキズに細菌感染が起きた場合、肥厚性瘢痕・ケロイドのリスクが高まりますのでご注意ください。
・治療後の傷は概ね2~3週間程で乾いた後に、一般的には数か月程で色調が落ち着いてきます。
・ただし肌質により赤み・色素沈着・肥厚性瘢痕(膨らんだ傷跡)が残ってしまう場合もあります。

(老人性疣贅、軟性線維腫などの場合)…凹凸を削り平坦にするイメージ

・治療後の傷は概ね1~2週間程で乾いた後に、一般的には数カ月程で色調が落ち着いてきます。
・ただし肌質により赤み・色素沈着・肥厚性瘢痕(膨らんだ傷跡)が残ってしまう場合もあります。

※初回の陥凹させる施術は、肌質が分からないため基本的に1か所のみとさせて頂いております。
治療希望の複数箇所がある場合、初回の経過が順調なことを確認してから行うのがお勧めです。

※当治療は予約制です。初回受診時は説明・予約のみです。

CO2レーザー施術後の注意点(術前に必ずお読みください)

施術後の注意①

施術後当日から通常の生活(石鹸での洗顔や入浴など)が可能です。ただ創部を濡らした後は、必ず処方された軟膏をやや多めに塗ってください。
創部が上皮化する(乾く)まではその部位には化粧をしないでください。

施術後の注意②

レーザー照射直後の創面(糜爛状態)は、徐々に赤みを帯びたり黄色の浸出液が出ることがあります。
創部が上皮化する(乾く)までは、数日間渡したガーゼ付きテープを使用してください。

施術後の注意③

創部は概ね1~3週間程で上皮化(乾いた状態)し、小さい傷なら概ね平坦化してきます。
その時点では創部に色調の変化がありますが、大抵の方は2~6ヶ月程で徐々に改善します。
綺麗に仕上げる為、上皮化後に紫外線予防で一定期間の日焼け止めの使用が必要です。

施術後の注意④

肌質により赤み・色素沈着・肥厚性瘢痕(膨らんだ傷跡)が残ってしまう場合もあります。
※リスクが高そうな方の場合は、予防の意味で処置後の内服薬(リザベン®)を紹介します。

再発について(陥凹させる施術をする方はお読みください)

レーザー施術後1ヶ月~1年後に再発を起こすことがあります。レーザー施術後の傷跡をなるべく目立たなく仕上げるためには、無理のない深さで処置で止める必要があるため、(患部の深くにまで細胞がある場合は、)当治療では一部残ってしまうことがあるからです。
その場合、元のサイズよりは小さくなることが期待できますが、再発がありえます。

※再発の際は、凹みリスクを承知であれば、深めの再処置を検討することも可能です。
→その際は、「半額」での再処置とさせて頂きます。

*何か気になることがあった場合、速やかに当院にお知らせください。